あの高級ブランドもレンタルなら誰でもゲット

>

実はある、レンタルサービスのデメリット

価格設定は借り方を決めてから選ぶ

料金の設定には二通りあることは先程も説明しました。ブランド品ひとつに対して借りる日数を日割り計算したもの、月額一定の料金で借り放題のプランの二つです。
例えば、まずは最初なので前述の日割り料金でバッグを借りたとします。本当は一週間ほど使ったら返却しようと考えていたものの、思いのほか周りの評判のいいし、自分も気に入ってしまったのでもう一週間延長、さらに延長して使用し続けた場合、月額料金よりもはるかに超過してしまうこととなり、損をする結果となってしまいます。逆にあまり借りる予定はないのに月額料金で契約してしまうことも損です。
借りる前に、自分は普段使いをするためにレンタルしたいのか、何かの特別な日のために単発でレンタルしたいのかをはっきり決めておくことが大切です。あまり考えなしにとりあえずで料金設定してしまうことは危険です。

人気のある商品は在庫が心配

ブランド品には常に流行が付きまといます。去年流行っていたデザインはもう古く、今年は最新作がすでに出ているということはよくあります。流行に敏感なおしゃれ好きな女性であれば、常に最新のものをチェックしているでしょうし、身に付けるのであれば新しいものがいい、と常日頃思っていることでしょう。
そんな時にも便利なのがブランド品レンタルサービスなのですが、同じようなタイプの客層が多ければ多い分、最新のものはすぐ在庫切れになってしまうことがよくあります。そのため数日待ったり、多い時では数カ月待ちというケースもあり得ます。
もし、月額料金を支払う契約をしている場合、入荷待ちの状態であっても料金は発生してしまうのです。時には何も借りれずに料金だけを支払うという状況が発生するかもしれません。


この記事をシェアする

TOPへ戻る